妊娠、減薬のためのセルフモニタリングと産前産後父親の役割

減薬の結果、精神や気分が不安定になるため、必要なのは、セルフモニタリングを強化することです。

気分の変調があれば、常に、メモする、もしくはお医者さんなどでもらえる一日のタイムスケジュールをメモする用のグラフなどに、一日の行動を逐一書いてくといいでしょう。

食べたもの、寝る時間、あらゆるものをメモしていくことで、自分の気分の変調に気が付くことができます。そうすることで、事前に「イラついている」「不安になっている」などがわかり、死にたい気持ち、消滅したい気持ち、殺したい気持ちなど、そういうものが「気分」であって、自分の本質ではないのだと、切り離すことができます。

 

気分が自分のすべてであり自分の本質だと思えば、減薬の結果促進される自死の魅力に抗いにくくなるので、そうした衝動は、自分の本質には関係がなく、耐えることができるものだということもわかる大切です。

 

死なないためには、常に人に監視してもらうことも大事です。

わたしの場合は、伴侶が在宅ワークなので、一日人が家にいる状態でした。

訪問看護やヘルパーなどの支援をフル活用することもいいでしょう。

デイケアなどを利用することもいいと思います。

 

 

わたしは、ネットショッピングの衝動が出ましたが、それは命にかかわりがないとある意味で割り切っていました。かなり使ってしまい、赤字になったり、借金をしてしまったりもしましたが、比較的肉体的な被害は少なかったと思います。

それでも、買い物をしてしまうことの罪悪感でパニックになったり、死にたくなったりしました。

衝動がコントロールできず、午前一時から四時まで起きて、家じゅうの模様替えをしたり、片付けをするのが一か月続いたり、早朝覚醒がひどく、睡眠不足が続いたりもしました。

つわりはひどいほうで、産む寸前まで食べられず、出産後、その反動か過食になり、産後に十キロ増えました。

産前や、産後の自分の肉体の外見の変化が受け入れられず、かなり抑うつがひどくなり、また出産後十日で身内が死んだりして、産後鬱になってしまいました。

わたしの場合は、訪問してくれた保健師さんが発見してくれたこと、自分でも包み隠さずに話したことで、保育園を探してもらい、生後三か月で預けることになりました。

 

精神疾患や障害のある人は、産前から、役所に行って、事前にどんな制度があるか確認し、使えるものは登録しておくことをお勧めします。保育園も、生後三か月から預けられます。子供と離れるのは非常につらいですし、わたしも泣きましたが、みんなが死なないようにするためのことです。

手続きや、制度の調査が自分でできない場合は、夫にしてもらうといいでしょう。ここで、自発的に動かない夫は、産後も動かないことが予想されるので、ここでの協力は必須です。

また、父親になる人には、どんな苦労があり、どんな苦しみ、痛みがあるのかをよく研究してもらうこと、産後、何ができて何ができないのかを理解してもらうために、父親が自分で自発的に本を読んだりネットで調べたりしておけと言っておきましょう。産む前に一回修羅場というか、喧嘩をしておくべきです。

 

出産後、半年は、寝不足になります。精神疾患のある母親が睡眠不足だと即、自殺や心中に気持ちが傾いてしまうので、基本は父親が夜泣きや夜中の授乳の対応をしてもらう必要があります。それは、赤ん坊の命を守るためなので、父親には睡眠をあきらめてもらいましょう。

 

生後三か月から半年で、あかちゃんもまとまった睡眠をとるようになり、だいぶ寝られるようになります。生後半年から離乳食が始まるので、彼らの腹持ちもよくなります。

このとき、決して、手作りをしようと思わないように。

基本的には、少量の時期は粉末のベビーフードがあるので、それをお湯で溶かし、そのあとはレトルトを食べさせるか、みそ汁の具をつぶすくらいにとどめましょう。

 

 

防がなくてはいけないのは、一家心中です。

一家心中を防ぐのは、母体の健康の維持です。

母体の健康の維持をするためにはどんなことでも犠牲にする覚悟で当たらなくてはいけません。

精神疾患を甘く見るタイプの人間が、もし、父親になる予定だったのなら、それは、妊娠を考え直すか、一回半殺しにしておく必要があります。

母体にはあらゆる不調があり、精神は不安定になります。そのとき、適切な行動を、あなたの連れ合いがとれるかどうか、そこが一番重要な点です。

 

双極性障害・ASD(精神障害手帳2級)の妊娠・出産について

精神疾患の薬を服薬している方は、妊娠出産をしたくても、情報がなく、不安になっているという話があったので、減薬、断薬、それに応じてしてきた工夫について書きます。

まず、わたしはアレルギーの薬も飲んでいました。

精神科で出されていた薬は、

  1. デプロメール25㎎
  2. レクサプロ10㎎
  3. セレニカR40%0.4g
  4. エビリファイ1%0.1g
  5. プロチゾラム.25㎎
  6. レボトミン5㎎
  7. ワイパックス0.5㎎
  8. ソラナックス0.4㎎
  9. ツムラ加味逍遥散7.5g
  10. ネスタ2㎎
  11. ファモチジン10mg 

です。

で、それを徐々に三か月か半年かけて減らすといことで、先生に相談していたのですが、まさかすぐに妊娠しないだろうと油断していたら減薬が進む前に妊娠してしまい、妊娠してから減薬しました。心配でしたが、妊娠超初期の服薬はあまり影響がない、もし、影響があれば化学的流産をするとのことでした。

妊娠初期は、以下の処方でした。

  1. サインバルタ20㎎
  2. エビリファイ1%0.1g
  3. ソラナックス0.4㎎
  4. ツムラ加味逍遥散7.5g というシンプルな処方になりました。このまま出産まで行きました。

メンタル的には不安定になりました。ラピットサイクルが進み、躁鬱の周期が三日で切り替わるようになり、買い物依存が激しくなりました。

つわりがひどかったので、自殺や自傷にいく元気がないのは幸いでした。

今出産して一年後ですが、周期は、一週間から二週間の間うつ状態で、躁状態はそのあとに三日程度くるようなかんじです。今は、今までのクリニックが閉院したため、転院したせいか、抑うつ希死念慮があります。でも、子育ては、保育園と夫と二人でできています。

妄想は出ませんでしたが、怒りっぽくなり、「なんでお前は産まないんだ」と夫に言いました。お皿が思うような位置にないだとか、思った通りにできないことで、しょっちゅう泣いていました。

気を付けていたのは状態を記録にとり、どのようなサイクルで変わっていくか、変化の予兆やきっかけはどのように起きるか、ということを自分でも夫にも確認してもらいました。

出産自体がパニックになることが不安で、無痛分娩を予定していましたが、40時間近い陣痛の末、帝王切開になりました。出産後は、いわゆる出産ハイで、身体は動きました。

ただ、出産してから十日後に、夫の身内に不幸があり、夫が三日家を空けたため、痰飲後一人で家のことをやったり、育児をしなくてはならず、産後鬱になりました。

ちょうどそのころ、助産師の訪問があったため、スクーリングに引っ掛かり、それから毎日役所の人か保健師さんが様子を見に来てくれ、産後の母親のケアの支援を勧めてくれました。いくつか利用して、なんとか誰も死なないで元気でいることが大事なのだと励ましてくれることで、生き延びました。

最初は母乳をしていましたが、保育園に通わせていくうち、飲んでもらえなくなったので、後半はミルクで育てました。

生後四か月で預けたので、さみしかったのですが、出産後、四か月してからようやく精神科と皮膚科に行くことができました。里帰り出産をしない場合、医者に行く時間がないのが問題なので、医療にかかるために、どうしたらいいのか、前もって考えておくとよいかもしれません。

わたしの場合は、夫が在宅勤務のため、自分の状況や子供の状況に対して、人の目がありました。でも、助けを求めるという発想が最初なかったため、産後鬱になりました。

ネットでは、精神障碍者が子供を持つことに、ひどいことを言う人もいますが、子供を持ちたいと願い、産み育てることは、たとえ親のエゴだとしても、幸せなことです。

子供が生まれてから、ずっと毎日かわいくて、産む前に、何を楽しみに生きていたのかわからなくなりました。たぶん産む前の楽しいことってあまりないというのが、病気なんですけど。

すくすく育ってくれています。実家の手助けは全くないです。葬式の前後といまだに夫の親族ともめているくらいで、むしろ実家の支援はマイナスです。

在宅勤務とはいえ、家のことができるほどではないのですが、話し相手がいるということがとても大きかったと思います。

一人で孤独に苦しいより、愚痴る相手がいて、状況を把握してくれていることが、一番良い点でした。

 

産んでから直後に書いた本です。比較的穏やかな子だったので、こういうことをする余地がありました。とはいえ、腱鞘炎、腰痛、帝王切開の傷の痛みなど、いろいろありました。

 

 

 

カメラを買った

【あす楽対応】【選べる5年間延長保証対象(別料金)】キヤノン PowerShot G9 X Mark II ブラック

価格:49,553円
(2018/2/21 13:20時点)
感想(0件)

赤ちゃんがかわいいので、カメラを買った。

歯も生えた。

寝返りがえりはできる。

寝返りも九十度できる。

移動したがって、背面のまま、上に移動して、布団から落ちてよく泣いている。

頭の上に枕を置いて、ガードして、隣にいると、わたしにしがみついて、寝る。

布団をなめたり、親指をなめたり、タオルを口に入れて、自分で機嫌を直すこともできる。

人に気を使って、笑いかける。

わたしが泣くと、声をたてて笑う。緊張しながら。

笑うと、わたしがいつも笑い返すから、慰めようとして笑ってくれているのだろうと思う。

保育園で、受け渡しの時に笑うのは「頑張るね」ってことだったんだなと思う。

慣れてきた今は、かえって、笑わない。

毎日がいとおしい。時よ、止まれ、と思う。赤ちゃんの香りだって、毎日変わっていく。

もう二度と嗅げないかもしれない。

昨日のぎこちない笑顔は、今日は滑らかになっている。

寝返りを打ってしまえば、寝返りの練習をしながら、うまくできなくて、顔を真っ赤にして泣いている姿も見られなくなる。

わたしは、いつも、さみしくてうれしい。

ハンカチタオルとシュシュでつくるがらがら

タオルハンカチの真ん中に、鈴を縫い付けて、一回糸を止めます。

それから、鈴のまわりに余裕をもって、ハンカチを半分にたたんでから並み縫いして、鈴が見えないようにする。
これで、鈴がむきだしにならないから、誤飲防止になるかな?
また、一回糸を止めます。

それからシュシュを縫い付けてできあがり。

鈴はダイソーで買いました。



ノロ?ロタ?

子のおなかがゆるく、病院に連れていったところ、ノロかロタの予防接種から感染したかどちらかと言われました。

いつもご機嫌なのに、機嫌が悪く、ぐずり、元気がなく、いつもとちがう…


脱水が怖いので、砂糖水を薄くつくって飲ませました。
薬はビオフェルミンを処方されました。


どちらかというと育てやすいのではないかと思う子です。これは自慢ではなく、育てやすいはずなのに、苦戦してる自分が悔しいということです。


よく喋り、よく笑ってくれ、一人遊びも上手です。
夜中は最近は三時間おきに起きますが、寝るときはギャン泣きしはじめたら、手を繋ぐとスッと寝ます。


落ち着いていて、でも、好奇心旺盛で、お外が大好きで、外に行きたいと催促したり、周りをよく観察しています。
知らない人にも笑いかけます。


おなかが痛いのか、ぐずりますが力がなく、とても心配でした。
でも、今日は蹴りにも泣き声にも力があり、うるさいくらいでした。
ほっとしました。

ミルクはいやがるので、薄めに作り、少しずつ飲ませ、さみしがるのでずっと抱っこしたり、添い寝したりしていました。
それでも外には行きたがるので、二回も散歩しました。
首を動かして周りを見渡し、きらきらした目でじっとみている様子がなんともいとおしくかわいくて、早くよくなろうね、お薬も飲んでがんばってるね、と思いました。
言葉で訴えることもまだできないので、なんとか痛みをとれるように、さすったり、暖めたりしました。

そのかいあってか、今は少し寝ているので、こうしてブログが書けました。
あたたかい砂糖水、ありがとう!

昨日のあの子にはもう会えない

モモという話の時間の花をご存じでしょうか?

こんなに美しい花はない、と思うと散り、でも新しい花が咲くと、やはり、こんなに美しい花は見たことがないと。
とてつもない喜びと去り行く悲しさ。


それを子供にも感じます。


昨日のあの子にはもう会えない。
新生児の頃のあの子には会えない。


おなかを開いたまま、はじめてみた我が子は光輝いていました。
その印象が強く、新生児の頃がかわいくて仕方がなかったです。

日に日に大きくなり、できることも増えました。
でも、心が追い付かなくて、今日の子はこんなにもかわいい、でも、昨日のあの子には会えないと思うとなんとも胸が苦しくなります。


一日一日がかけがえがなくて、二度と来ないということが身に染みます。


ときには保育園に預けることがとてもつらいです。
子供は靴下を履かせると、これからお外、保育園に行くんだとわかるらしく、あしをばたつかせて喜びます。
そうすると、わたしも嬉しいのです。
ああ、この子の喜ぶことをしたいと思います。
でも、もっと一緒にいたい、ずっとこの柔らかくて暖かくていいにおいのするこの子と時間を過ごしたいと胸がぎゅっとなります。


保育士さんはとても良くしてくれ、子供が嬉しいこと、わたしが機嫌よく、健康なことがなによりも大切で、夫婦仲がよいことが子供の幸せと直結することもわかっています。


でも、わたしはちゃんと子育てしているのか、忸怩たる思いがあることも事実です。

保育園に預けて、子の健康と安全を確保することが、母として親として責任を果たすことであると保育士さんにもいってもらいました。
誰にでもにこにこ笑い、いつも機嫌よく生活している子の状態は、社会含めて、みんなが作り上げてるものだと思います。


親になるのは、喜びと離れていく寂しさのなかで、繰り返していくことなのですね。
欠けることのない幸せだとわかっているのに、もっともっとと思ってしまうわたしがいます。

赤ちゃん対応アプリを起動すると自分アプリが動かない~生後三か月の一日のスケジュール

わたしたちの一日のスケジュールは、七時半に起きて、着替えをして顔を洗って、身支度をします。

化粧水を含ませたコットンで顔をはたいていると、にゃーにゃがこっちをじっと見るので、拭いてやると、キャーと言ってにぱっと笑います。

それから、わたしは食事を作り、洗濯機を回して、保育園の支度をします。

おむつに名前を書いてガーゼを入れて、連絡帳を書いて、その間にパートナーは仕事をして、食事を食べて皿を洗って洗濯物を畳みます。

そうこうしている間に、ミルクの時間が来るので、わたしは母乳をやり、彼はミルクをやります。おむつを替えると時間になっているので、パートナーがにゃーにゃんに靴下を穿かせます。そうすると、保育園に行くことが分かって、赤ちゃんは大喜び。

足をバタバタさせて手も動かして、嬉しそうな声を出します。へーう。あー。

 

赤ちゃんを送りに彼が出ていくので、わたしは床をウエットのシートできれいにし、ガスレンジを磨いて、流しとテーブルを拭いて、洗濯物を干します。

空気の入れ替えをしてから、化粧をすると、彼が帰ってきます。彼が結露を拭きます。

(昨日まではわたしがやっていました)

それから彼は仕事をして、わたしはぼーっとしたり、何か見たり、読んだり、考え事をします。

今日の場合はケア会議があって、保健師さんも同席しました。

子育ての様子と産後の様子を事業所に伝えてもらうためです。

お昼ご飯は、彼が用意することが多いです。

ヘルパーさんが一時から二時半の間に来て、わたしは手伝ったり、パソコンを触ったりします。体調がいいので起きていましたが、起きていないで、やってほしいことを伝えるだけの日もあります。今日は新しい人でした。

 

三時になると、赤ちゃんを彼が迎えに行って、帰ってきてからすぐに三人でお風呂に入ります。

まず、わたしが入って体や頭を洗い、準備ができたら二人を呼んで、彼が赤ちゃんを洗い、わたしが浴槽に引き取って、それから彼が自分を洗います。

その間、浴槽で赤ちゃんと遊ばせます。最近は、浴槽の中をすいすい動かすと、足をバタバタして上手に壁をけります。

バトンタッチして、わたしが先に上がり、着替えて、赤ちゃんを受け取って、保湿して着替えさせます。それから、わたしは髪を乾かします。

しばらくすると、彼はお風呂を洗って出てきます。このときに、排水口の掃除もしてくれます。

ミルクをやって、泣くので、彼が仕事をしながら赤ちゃんを抱いています。そうこうしているうちに、塾のバイトがあるので、彼が出ていき、わたしは赤ちゃんと遊びます。

  • ざぶーん&うんにゃん体操(足をもって、おなかに足をくっつけたり、よじったり、あしをばたばたさせたりする。お通じが良くなる。だっこしているときは、わたしごと揺れる)
  • おててよいしょ(手をもって、持ち上げると頭がついてくる。そこをほめたたえると得意げな表情を見せる)
  • おてて、ててて(両手をもって、リズムをもって歌いながら動かす)
  • つなひき(細いバングルがあるので持たせて引っ張る)
  • がらがら(もたせたり、向ているほうと反対側で鳴らす)
  • いないいないばあ(三十秒くらい考えてから笑う)

 

(ですます調じゃなくなります)

 

疲れてくると泣くので、湯たんぽを入れて、布団に入れて、添い寝をして、手を握る。お話ししたがることもあるので、聞いたり、返事をしたりする。

激しく泣き始めたら、強く手をつかんで、五分間耐える。そうするとたいてい寝る。

それらが終わると七時になる。

それから、九時ころまでは自由時間で、何をしてもいいんだけど、なかなか何もできない。九時にミルク、おむつ。十二時にミルク、おむつ。朝四時にミルク、おむつ。朝七時半に起床。

 

定本育児の百科 (岩波文庫)〔全3冊セット〕

定本育児の百科 (岩波文庫)〔全3冊セット〕

 

 これを精神科医に勧められたので、該当するところを読む。

もしくは、たまに市で配られた「赤ちゃんのしおり」を読んで発育をチェックする。

とても面白い。特に育児の百科は、ずいぶん古い本なのに、内容が古びておらず、参考になると同時に、時代について考えさせられる。

でも、本も疲れてしまって通して読むことができない。

パートナーは、ハリーポッターを原書で読んだり、株の勉強をしたり、数学、化学、物理、日本史、世界史の勉強をしている。

わたしも、ネットの記事ばかりじゃなくて、本としてまとまったものを読んで知識として蓄えたいと思うけれど、なかなかうまくいかない。

 

forbesjapan.com

以前観た映画で、そのときは「あはは」と観て、ちょっと感動しただけだったけど、今思い出すと、彼女の状況は、わたしと同じだと思った。

わたしのパートナーはたまたまわたしを尊重してくれるけれど、それでもけんかはする。(わたしが一方的に怒る)

なぜかわからないけれど、母親をしているだけで、自尊心が減るときがある。

赤ちゃんの世話はとても楽しいし、かわいいのに、それなのに、とてもつらいときがあある。自分が減るような感じで、自分が成長していなくて、どんどん吸い取られているような気がしてくる。

実際には、育児を通していろいろなことを学んでいるんだけど、今までの自分が突然いなくなったような喪失感がある。今までの自分がいなくなることを好ましく思いながら、悲しいとも思う。この子に出会うために生きてきたんだ!と思いながら、必死で生き延びてきた自分が息をひそめて待っているような。

今まで育ててきた自分を一生懸命使いながら、新しい命を迎え撃っている。それに精いっぱいだ。預けているからまだ余裕があるけれど、それでも、疲れをとる以上のことができない。

 

自分のためだけに生きていた脳みそが、いきなり違う仕事を割り振られている感じ。

メモリを使う優先順位が変わった。

子育てアプリが立ち上がって、自分がバックグラウンドに下がっている感じ。

マルチタスクとか言って、いっぺんに複数のアプリを立てることはできても、人間がいっぺんに使えるのはしょせん、一つだけという感じ。

エクセル使いながら音楽は聴ける、なんならネットサーフィンしながらできたりもするんだけど、その瞬間の一人の人間が扱える情報は一つって感じで、それと同じで赤ちゃんの世話をしていると、切り替わっちゃって、赤ちゃん対応ソフトしか動かない。

赤ちゃん対応ソフトは毎日のようにバージョンアップしていくんだけど、自分は全然バージョンアップしない。誰も、メンテナンスしてくれない。アップデートは来ない。

 

OSだってソフトだって、メンテナンスしてくれるのに、わたしにはパッチを当ててくれる人がいない。いないというか、メンテナンスするのはわたししかいない。わたしが自分をケアしてメンテナンスしてバージョンをあげないといけないのに、その時間が細切れだからせつない。

 

だから、たまに自分ソフトを立ち上げようとしても、バージョンが古いのでうまく動きませんというメッセージが出てエラーになる。

 

このブログを書いている間にも、赤ちゃんが寂しいと呼ぶから手をつなぎに行って(赤ちゃん対応ソフト起動)、そして寝顔を見てほっぺたがつるつるしているなあと思ったりしながら、戻って、自分を立ち上げてブログを書く。同時に動かしているからバッテリーを食う。たぶんわたしはタブレットとかノートパソコンであって、デスクトップではないと思う。

なんならこの例えば、そもそもコンピュータが人間を簡単にしたものをモデルとして設計されているので、だいたい正しいはず。

 

 

自分の時間がないというのもあるんだけど、自分が枯れていくのは、自分をメンテナンスしてアップデートする時間がないからだと思う。

だからあの映画はいろいろな人の心を打った。

わたしは彼女の決断がよくわからなかったけど、赤ちゃん対応アプリや、夫対応アプリも、自分の一部だからなのかな?とちょっとわかるような気もしなくはない。

 

子供を産んでわかったのは、子供を産むまで、どうしても、恋愛についての比重が高くて、自分が若く魅力的なふりをしたい(それと地位と名誉と金がほしい。金は今でもほしい)と思っていたのが、どんどん年を取っているアピールが増えた。年を取っているアピールというと語弊があるかもしれない。

知恵を発揮する場面が多いので、若いことをアピールする必要がなくなった。

知恵は年齢や経験、洞察力と結びついている。若さは関係ない。

赤ちゃんを観察し、考える。そして、対処する。その繰り返しには、知恵が必要だ。だからか、今の知恵のあるわたしを評価されたいのであって、若いというのを評価されたいとは思わない(実際もうすごく若いとは言えない)。

知恵は評価されなくても、役に立つ。だから、評価は必要ないのかと思ったけれど、ほめられるということに、とてもわたしは飢えている。

たぶん、自分をアップデートするために必要なのだと思う。アップデートやメンテナンス。そのための学び、休息。

 

 

 

 

 

毒親の子が親になった

毒親の子が親になった

 

 長くなったのでまたこういう感じで本を書こうと思う。

この前書いた本をまた貼ります。しばらくずっと。