岩盤浴に行ったら水を買わされ!産後鬱と産後太り解消したかっただけなのに

妊娠前はエビリファイを服用していたこととで、過食がひどく、太りました。

妊娠中はずっと終わるまでつわりだったので、それほど体重増加はなく。

でも、また太り始めていて、とても気分が落ち込みました。

それで、五分だけ、えいと思って走りました。

ストレッチは好きだけど走るのは好きじゃなかったのです。好きじゃない理由は苦しいからで、苦しくなる前にやめようと思って走りました。

そうしたら、とても、気分爽快!

明日からも続けようと思いました。

 

今日気分が落ち込んだのには理由があって、岩盤浴に行ったのですが、そこで「アトピーなんですか?」とアトピーのことばっかり言われたこと。

入浴したいだけなのに、説明に20分もかかり、それが「エステ」「加圧トレーニング」「ホットヨガ」の勧誘で一か月に7000円や9000円のコース。

そんなら、夜10時半までやっているジムに通うよ!と思って腹が立ちました。

いらいら。水を選んでくださいと言われて選んだら、270円もする水で、しかも、見たことがないメーカー。

これはマルチやネットワークビジネスのにおいがぷんぷんする。

「ストレス解消のためにいらしたんですか?(チェックシートに書いた)ストレスはアトピーを悪化させるんですよー」

(知ってる)

「ここのシャンプーは化学物質を使ってないんですよ!安心ですよ」

(石鹸だって化合物を使っているし、もし、灰を使って頭を洗うスタイルだとしても、灰も化学化合物だし化学物質だから)

「ここからは癒しの空間エリアです」

あー、きもいきもいきもい。

前払いなので、しょうがない、岩盤浴だけ入ろうと思ったけど、いらいらしっぱなし。

時間前に出てしまいました。

癒しや健康にいいことをすると、すぐにこういう目に遭うんだ。

日曜日なのに客がわたしだけだし、それなのに施設は立派だし、怖すぎる。

ヨガやストレッチや、エステ、水、もうネットワークビジネスをするために開いているお店じゃないですか、やーだー。

たくさん張ってある張り紙も、きれいごとを書いたものばかりで本当に気持ち悪い。

 

岩盤浴自体は普通だから、普通につるつるになったし、温まったけど、温泉でいいじゃん、温泉なら何も言われないしエステ付きの温泉もあるしさ……。

 

 

また違う岩盤浴にチャレンジするのもいいし、温泉に行ったり、走ったりして、すっきりしよう!

授乳中なのでエビリファイが少なく処方されているため、過食は止まっているものの、鬱はひどいので、自分がデブスだっていう思考が止まらないのでつらいのです。

だから、とにかく無理しない範囲で走ろうと思います。

(無理するといまだに子宮から出血するから死を感じる)

それにしても、体が弱っている人を食い物にするやつらは本当に滅びてほしいと思いました。

 

 

乳児院について

乳児院(いわゆる施設)について説明を受けました。

乳児院に子供を預けるには、役所に行って書類を書いてから、当日施設に連れていきます。

衣類や、ミルク、おむつなども、施設で用意してもらえます。

大切なのは、預けることは、責任を果たすことだということです。

 

書類を書いた時点で、親として、保護者として、適切なことをした、ということです。

決して、無責任でもなければ、育児放棄でもないです。

乳児院に預けることによって、子供の健康や安全が保護されるということです。

児相’(児童相談所)に相談するのも同じことです。相談したり、助けを求めたり、預けたりすることは、子供のためになることです。

 

わたしは一度、追い詰められて、子供を危険にさらすことを考えました。

でも、実行はせず、助産師さんに相談しました。そして、行政につながり、保育園に預けることになりました。そういう風に、わたしの危険から、子供は守られました。

わたしが危険にさらしそうになった一方で、わたしから子供を守ったのはわたし自身でもあったわけです。

 

 

そういうことを、役所の担当の人に言われました。

 

わたしたちは血縁の支援を頼れない家庭です。だけどほかに頼るものを探すことができました。

 

親としては、預けることにためらいがあったり、悲しかったり、さみしかったりするかもしれません。時によって挫折感や、申し訳なさもあるかもしれません。

でも、保育士さんたちはプロです。

保育所も、乳児院も、そのほかの施設も、子供の安全を考えられた、保育を支援するための施設です。

子供にとって良い場所です。

 

感情的な問題はあります。でも、肉体的、精神的に、満ち足りた状態でこそ、親や保護者、子供も、感情的にも健やかにいられます。

 

 

今まで、わたしも仕事を通して、お母さんとしか話せない子、試し行動をする子などを見てきました。

短い時間でも、有効に過ごせるように、一つでも何か得て帰ってもらえるようにと、考えながら勉強を教えました。

わたしは偏見を持たないように努力をしていました。でも、どこか納得がいかない部分があったので、努力がいりました。

でも、役所の人が

「そういう風に、家庭の外に出していくのはお母さんも子供も頑張っている。子供のうちに、外に出ていくようにしているんだから」と言っていました。

わたしという他人の目に触れる場所に、子供を連れていくこと自体が、立派なことなんだということです。わたしはそれを聞くまで、「困った子」と思っていました。

困った子だから、困った部分を手伝おうとは思っていましたが、困った子だとは思っていました。

でも、そうじゃなくて、その子たちは、家族や家庭の外に一歩、頑張って踏み出した子なんだとわかりました。

わたしは、これからは、困った子じゃなくて、「困った部分を持つけれど、それでもなお、頑張って一歩踏み出した子」という視点を忘れないように、ときどき思い出せればいいと思いました。

保護者や、子供に、敬意を持つことが大事だということです。

 

 

翻れば、自分自身も、もし、そういう立場になったとしたら、自分を困った親だと考えないで、困っているけれど、周りに助けを求めている親、という風に考えられるなと思いました。

 

 

他人に対して、想像力を持つということは、自分に対しても、想像力を持つということです。

保育園二日目(生後二か月半)

今日は保育園二日目。慣らし保育です。

二時間半いない間に、役所の人が様子を見に来てくれました。

そして励ましてもらった。

赤ちゃんにとっても、わたしたちにとっても、とても良いこと。

とにかく親の体が健康で、精神に余裕があることもよいし、保育園で、いろいろな刺激に触れて、成長すること。

確かに、昨日、初めて声を出して笑ったり、たくさんお話ししてくれたり(クーイングのあの柔らかい優しい声をきくと、とろけそうな気持になる)、いつもよりも、手を動かしていたり、もぐもぐ手をおしゃぶりしたり、起きている間も、穏やかにぼんやりしていたりと、良い効果がたくさんありました。

わたしも、家の掃除をしたり、料理を作ったり、趣味の手芸をしたりと、いろいろなことができました。

やらなくてもいいのですが、やりたい気持ちを抑えるとストレスが溜まります。

それを思い切り発散できた感じがします。

発達障害の人が「親になった」時の困難について。育児、変化、混乱と疲労。 | スカイのブログ

この記事の通り、赤ちゃんの世話が大変というよりは人が一人増えたので、ぼんやり一人で閉じこもる時間が無くなったのがつらいようです。

 

あまり、赤ちゃんの世話が大変と思わないです。

でも、「大変」といっても「大変じゃない」といっても、マウンティングになるらしいので、子育て界は難しいです。

「うちの子は大変じゃない(から、わたしのような粗忽な人でもなんとか育てられます)」「楽な子です」「親孝行です」と言いたくても、そういう有能な子を産んだわたしすごい、に思われてしまったり、逆に「たいへん」といっても「たいへんアピール」って思われてしまったり。

個人的には、子供を育てるのは楽しいといろいろな人に思ってほしいのです。

というのは、身近に子供がいないと、子供の可愛さが分からず、子供を産むという気持ちになかなかならないのに、そのうえ、大変なことだと思ってしまえば、絶対に産まないでしょう。

産まないのが悪いとは思っていないです。むしろ、こんな体の負担なことを勧める気持ちにはならないのですが、潜在的に生みたいと思っている人が、「無理だ」と機会を損失するのはあまりにももったいないと思うほど、赤ちゃんを育てるのは、面白いのです。

それでも、わたしは、赤ちゃんの泣き声を聞くと、吐き気がする(比喩ではなく)ときもあります。頭も痛くなります。なるべく、赤ちゃんの泣き声は聞きたくない。

赤ちゃんの泣き声は、かわいいですが、それでも、ストレスになります。

たぶん、聞いていて耳障りなことが大切で、聞きたくないから、泣き止ませたくなるんでしょう。

 

子育てが大変というよりも、子供を育てることによって、自分の環境の欠点が明らかになってくるのではないかと思います。

夫婦仲がうまくいかないところは、ますますうまくいかないことの問題点が顕在化するだろうし、体調が思わしくないなら、悪化する、頼るところがないならそれも浮上する、そういうことなんだと思います。

 

 

今、赤ちゃんが帰ってきました。

連絡帳には、赤ちゃんの記録が書いてあります。保育士さんに抱かれてすやすや寝ていたこと、ほかのお友達に興味津々で見つめられていたことなど。

家では与えることのできない刺激をもらって、今はちょっとぐずったあと、静かににこにこしています。

生後二か月半から保育園に預けた

昨日から赤ちゃんを保育園に預けました。

慣らすために、昨日は一時間、今日は二時間半です。

保育園では落ち着いていたそうで、天井を見つめてぼんやりしてから、眠っていたそうです。

わたしが預けることになったのは、産後一週間後の助産師さんの訪問時、パートナーに不幸事があり、三日間一人で子育てすることになって、産後鬱になっていたからです。

すぐに保健センターや役所に連絡が伝わって、保健師さんや役所の人と話し合いになりました。

パートナーは在宅の仕事ですが、朝八時半から夜十一時まで仕事(その間五時から九時までは塾のバイト、これはわたしの仕事の代打でした)があり、時間に融通は聞きますが、時間を減らすことはできないので、家事と育児の両方をやると、パートナーが倒れてしまうという話になりました。

わたしは、産後の肥立ちが悪いということが問題でした。

二人とも、実家との縁がなく、頼ることもできないので、行政を頼るという結論になりました。

わたしとしては、「育児が大変だ」とそれほど思ったわけじゃないのですが、アトピーが悪化して、手がボロボロ、睡眠がとれない、ということで、婦長は不調でした。あまり、深刻にとらえていなかったのですが、気が張っているので、感じることができていないだけ、ということらしかったです。

そこで、乳児院児童相談所、役所、保育園、という風に相談できたり預けたりできる場所を増やすということになりました。

乳児院というと、いわゆる「施設」ということで、預ける親は、子育て放棄をしているようなイメージがありましたが、家族を頼ることができない時に、泊まりで預けることができる唯一の場所だそうです。

わたしとパートナーが二人とも倒れたら、頼ることができます。

頼ることができないと思っているよりも、いざとなったら頼めると思っていれば、だいぶ気が楽です。

乳児院の見学もしました。施設は古かったものの、掃除は行き届いていて、清潔区間も別れていました。乳児の区間に入るにはスリッパを変えます。

 

子供たちは、ご機嫌ですごしていました。先生たちは、にこにこ、元気に子供の世話をしていましたが、疲れてもいるようでした。予算をあげてほしいと思いました。

 

 

発達障碍、特に自閉傾向があると、喜ぶような出来事もストレスになります。

変化という点では同じだからです。

わたしは、ここ二年でパートナーと同居し、子供を授かり、産みました。

一人でいる時間が極端になくなりました。

わたしは、とても疲れやすいのですが、一日寝たきりの日も多いです。

 

 

役所の人は、頻繁に家庭訪問をしてくれ、保育園を探し、手続きをしてくれました。わたしたちは、見学をして、書類にサインをして、持ち物を用意するくらいですませてもらいました。わたしたちが保育園に入れようと思っても、まず、準備の時点や、役所へ出かける準備がそもそもできなかったと思います。だから、役所の人が出向いてくれてとても助かりました。

 

ゼロ歳児保育はいらない、むだ、その分を一歳児に割いてほしいという人もいます。

でも、人にはいろいろ事情があります。

ゼロ歳児から預けて働かないと、生活が立ち行かない人、わたしたちのように、病気や障害があって、一日面倒を見ることができない人、いろいろいます。ゼロ歳児を見られる体力がない人もいます。産む前にそういうことを考慮しろというかもしれませんが、子供を授かるというのはそういうことじゃないはずです。また、妊娠中に状況が変わることもたくさんあります。

 

わたしはゼロ歳児保育があってありがたいです。

わたしの赤ちゃんは、保育園に行っても、本人は順応しています。

どちらかというと、わたしのほうが寂しいです。でも、赤ちゃんにとって、保育園はとても良い環境です。

昨日、預けて刺激があったせいか、生まれて初めて声を出して笑ってくれました。

わたしも、体が休まったので、普段できない動きのある遊びをすることができました。

口をすぼめてちゅっちゅとするのが、気に入ったようで、それをすると、とても喜んで「はー、あー」と言ってくれます。

そして、自主練をして、真似してくれました。すごくうれしかったです。

 

 

準備が整っていないと、赤ちゃんを産んではいけない、という世界を、わたしは望んでいません。

誰でも、産みたい、育てたいと思う人が、その通りにできるように、余裕のある社会であることが望ましいと思います。

 

 

わたしは、何度も、保育園をやっぱりやめようと思いました。

でも、今、預けていると、体がとても疲れていたことに気づきました。

いなくなると、気が抜けて、疲れを感じたようです。

何をするにも、余裕はとても大事です。だからもうちょっとがんばって預けようと思います。

わたしの体が楽で、心に余裕を持てて、赤ちゃんに接することができる、人に相談できる、そういう環境をなるべく作ろうと思います。

そのためには、疲れや負担を軽く見積もらない、状況の良いところに合わせるのではなくて、状況の悪いところに合わせて、環境を作ることが大事です。

 

 

その一環として、赤ちゃんを保育園に預けました。

帰ってきたら、わたしのオリジナルソングを歌って、抱っこして、たくさん遊ぼうと思います。

保育料の障碍者手帳による減免

産後の肥立ちが悪く、生後三か月から、赤ちゃんを保育園に預けることにしました。

ゼロ歳児保育はいらない、その分、一歳児を増やしてという意見もあるようですが、わたしのように、病気だったり障害があったりして、また、実家を頼れないという過程もあるので、やはり必要です。

 

障碍者手帳があると、保育所に入りやすく、また、保育料を減免してもらえました。

とても助かります

 

正直なところ、子供を預けることは、自分が寂しくて、気乗りがしませんでしたが、保育園を見学したところ、子供たちがとても楽しそうだったので、預けることに納得しました。

わたしでは、あげられない経験がつめそうだったのです。

 

わたしの考えでは、情緒や感情面を育てることがもっとも大切で、そのためにはいろいろな人に関わってもらうことがいいです。

 

子供たちを見ていても、勉強ばかりしていた子よりも、情緒が育っている子のほうが、幸せそうにも見え、また、自分の進路を切り開くことに積極的です。

 

また、ぼんやりする時間が多い子ほど、精神的には余裕があるように思います。

だから、そういう教育方針で生きたいと思っていますが、見学した保育所は、ゆったりしていて、とてもよかったのです。

 

 

障害を持っている方で、子供が欲しいけれど躊躇している方、福祉の支援をうけながら育てることができますよ。

相談に行っても、物足りないこともあるかもしれませんが、つながることが大切です。

児童相談所や、役所に相談することができます。

ASDは赤ちゃんの夢を見るか

ASDはときどき機械やロボットに例えられる。

感情がないと言われたことも多々ある。

でも、わたしには感情がある。

相手の意をくんで、相手の思うようにならなかったり、従わないだけだ。

察するという行為は、特にグループの中では、権力者の意をくむということだと思う。

わたしはそれの必要性も合理性も感じないので、しない。

理解できないし、そもそも、間違っていると思うからだ。

 

赤ちゃんを育てていて、赤ちゃんの気持ちをわかっていると思う。

気持ちはともかく、少なくとも、うれしいか、気分が悪いか、おなかがすいたか、おむつを替えてほしいかは、泣く前にわかる。

おなかがすいたら、片手をぶんぶん振るし、おむつのときは、泣く前に「あ、あ」と独特の声を出す。うんちのときには「えーい」というし、すっきりしたような放心したような顔をするから、やっぱりわかる。

 

 

とっても、かわいい。

 

自閉傾向を持つパートナーがいると、カサンドラ症候群になるというけれど、それは絶対になるということじゃないことも知ってほしい。

人による。

わたしたちは、お互い、何でも話し合う。

わたしのパートナーは、一緒に暮らして一年以上たつのに、いまだに自分からはほとんど話しかけない。

でも、わたしの周りをうろうろするので、はなしかけたいことが、わたしにはわかる。だから、「どうしたの?」と聞く。

彼は言語化が苦手なので、わたしが「こういうこと?こういう気持ち?」といくつか候補をあげて行って、話しやすいように協力はする。

でも、彼は、話したいと思っている。

わたしも、自分の気持ちを話したいと思っている。

そして、お互い相手の話を聞いて、相手を尊重して、相手が居心地よく暮らすことを願っている。

 

もし、発達障害があっても、相手をお互いに幸せに暮らすように協力するという前提があれば、ASDがパートナーでも、まったく問題なくパートナーシップを構築できると思う。

それは、ほかのカップルの経る過程とは違うかもしれない。

でも、大丈夫だ。みんなそれぞれオリジナルに作り上げていくのが家族だから。

 

むしろ、「こういうものだ」と話し合わずにお互いの勝手な妄想、特に、男性が自分の考えている理想や、気持ちを話さなければ、女性が疲弊しやすいのは確かだと思う。

 

 

わたしの家庭の場合は、わたしが彼の気持ちを言語化することで消耗しやすいので、代わりに、家事など体力を使うものを、彼に補ってもらっている。

気持ちを言葉にすることや、感情を扱う時の、「疲れ」「労力」をないことにしない、というのも、わたしたちにとって大事なことだ。

 

 

ASDで、赤ちゃんを持つことをためらっている人がいれば、大丈夫だと言いたい。

わたしは、産後鬱だから、行政の人がしょっちゅう様子を見に来る、保育園にも入れる、わたしの育った家庭は頼れないけれど、その代わり、頼れる人がいる。

 

福祉は、わたしがいい人だとか嫌な奴だとか、そういうことと関係なく、支援してくれるのでありがたい。

(よく議論になるが、本当に困っている人がどうの、というのは、結局助けたい人を助けるになりがちなので、それは福祉の意図と反しているということも言いたい)

 

 

ASDも赤ちゃんの夢を見る。

赤ちゃんはわたしをにおいで把握している。

わたしのにおいや声がすると安心するらしいので、添い寝しながら、歌を歌う。

赤ちゃんは微笑み、あたたかく、やわらかく、良いにおいがする。

ときどき泣きたくなる。

ひまなときにすることがない層の趣味としてのメルカリなどのフリマアプリ

ひまなときにすることがないです。

赤ちゃんがいて忙しいといっても、三時間まとめて寝る時もあるので、何もすることがないことも多いんですよね。

かといって、疲れすぎて寝付けない、家事はそれほどやることがない、というときがあります。

趣味って、突然するわけじゃなくて、継続して、下地を作っていないとできないものだと思うんです。

 

五分空いたから、一から趣味を探してするって、できないので、常に趣味を探しながら、技術を更新していくことで、五分空いた、一時間空いた、という時にできることがあると思います。

まとまった時間があれば、趣味を一から始めるために、調べる、試行錯誤する、上達することが可能だと思うんですが、まとまった時間がないと、上達したあとの趣味しかできないんですよね。

 

それがちょっと難儀というか。

 

いくつか、趣味はあるんです。レザークラフト、編み物、布を染める、手芸全般。ストレッチ。

 

でも、それ以外がしたいこともあるから。でも、やったことがないからなあ。

 

 

これからしてみたいのは、ランニング。ランニングは五分でもできそうです。

 

料理が趣味と化していますが、実益を兼ねすぎていて、作ったときはすっきりするんですが、精神的に充足しにくいのです。

もっと、社会的に認められる(といっても、そう難しいことじゃなくて、家族以外と接点があるようなこと)がほしいです。

 

 

話は変わりますが、メルカリが流行ったのって、それが大きいと思うんですよね。

SNSも兼ねていて、人に喜んでもらえて、ちょっとお金が入るから、すごい娯楽なんです。

ほしいものを安く手に入れるために探す、交渉する、というのもたぶん楽しいです。

わたしは苦手ですが、梱包をとても凝っている人が多い印象です。

たぶん、トラブル回避のためもあるんですが楽しいんですよね。

手作りの小さなトートバッグのチャーム、韓国のおすすめのパック、手紙、繭玉、そういうおまけを入れてくれたりするんですよね。

 

人の出品を見ると、自分が今まで興味を持っていなかった分野もしれて、とても楽しいです。

わたしはコスチュームジュエリーや、レトロな昭和のジュエリー、輸入したアクセサリーを探すのが好きなんですが、そうした人がほかに出品しているものも、見てて素敵なものが多いです。

ハンドメイドも、市場が成熟してきて、今までは捨て値で売っていて、プロの人にまで影響するくらい値崩れしていたのが、ちゃんとした値段がついて、売れるようになってきている雰囲気もあります。

陶器のバッジ、ガーゼのターバン、染めてから作ったバッグ、ストローで編んだバッグなど、クオリティの高いものも多いです。

 

以前は手作りのアクセサリーでも、1000円切ってましたからね。あれは異常でした。

ツイッターフェイスブック、インスタの次に来るのって、実はメルカリをはじめとしたフリマアプリだったんじゃないかって。

 

目利きのできる人は、コスチュームジュエリーなどのアクセサリーを輸入して、ちょっと色を付けて売ったり、コスメを売ったりしています。

それも、あからさまな業者というわけじゃなくて、副業としてしている人が結構います。

わたしは、それで、会うわけじゃないんですけど、雑談くらいは時々します。

他人で、深く踏み込まないのがいいんですよね。

深い関係じゃない人と世間話をすると癒されるんです。

人とふれあえて、でも、一期一会だったり、ファンになって何度も交流したり、そういうことが楽しいという。

 

 

メルカリボックスというのがあるんですが(発言小町みたいな感じだった)、人間関係の相談が思ったよりも多い感じです。人と仲良くする、お金を介してはいますが、ポイントを使えば、もう、物々交換みたいなところになっていて、匿名サービスも使えるようになったから安全性も確保できた、ということで、これから、細切れ時間で社会的な趣味をしたい層を取り込んでいくんじゃないでしょうか。

 

 

今はツイッターで、かっこいい意見が言える人、インスタでおしゃれな写真が撮れる人、ゾゾタウンのウェアでおしゃれスナップを撮るおしゃれ番長、ブログで発言権のある人、なんかが力を持ってますけど、これからは、フリマアプリで、目利きのできるセンスのある人、コスメを選んだら信用できる人が力を持ってくる世界も生まれてくるんじゃないかな。