40w1d

生まれませんでした。

うえーん。

おととい、出産する夢を見て、陣痛らしきものを感じたので「これは…!」と思いましたが、またしても、前駆陣痛でした。

前回の前駆陣痛から二週間たっています。

前駆陣痛は陣痛の練習じゃなかったのか!

先生にも「大きいおなかだねえ」と言われ、そして、「下がってきてないねえ」と言われました。次の診察は一週間後です。

ほとんど何も言われない病院で、出産予定日前後でも「一週間に一度」のペースの診察です。今まで言われたのは「おなかが大きい」「これ以上は太らないで」くらい。

不愛想ですが、優しい先生です。そして、いつ寝ているのかわからない。

ブラックジョークも飛び出します。

「学生の時、分娩中に夫婦げんかして、おなかをたたかれて出血多量で亡くなった妊婦さんがいるから、立ち合い出産の時には喧嘩しないでねー」とのこと。たぶん、四十年から五十年前のことだと思いますが。

「前には、ほかにも無痛分娩している人いたんだけど、もう死んじゃった」とか。

こういう先生が好きです!

 

 

いつ寝ているんじゃ!と思うほど常に働いている。

精神科の主治医と同級生で、主治医が「いつ寝てるの?」と聞いたら「空いている時間」と答えたそう。たぶん、一度も旅行などしたことがない人生なんじゃないかなあ。

 

 

おなかはみちみちになっていて、目でも胎児の体がわかるくらい。

動くとかわいい。

本当にかわいい。

産まれちゃうと親離れだね!なんて話してます。独立して呼吸できるんだから、もう、独り立ちじゃん。今は何もできないくせに…。とはいえ、へその緒で生活しているんだからなあ。

 

 

今は胎児も、骨伝導で、音はクリアに聞こえるそうです。

目も見えるから、明るさもわかるらしい。また、わたしの精神状態もわかるらしい。

 

連れ合いには、「お前の睾丸が七キロに腫れ上がって、しかも、精巣が動いて、尿道から三キロの何かが出てくることを想像したまえ」と伝えています。

 

 

早く生まれてほしいので、ため息ばかりでますが、もう少し、おなかにいるのを楽しめばいいかなと思います。

若いころだと精神的な余裕がなかったかと思うので、この年で、妊婦も悪くないなと思います。若いころは男を見る目がなかったから、結婚してたら、悲惨だっただろう!

 

 

ポリアモリー的な生活はあまりしていないです。あんまり、興味がなくなって……。だって、向こうも大人だからほっといても、生きてるだろうし。なんか、話も合わなくなってきたし、成立しないからもういいかな……。

 

 

それにしても、自分の子供っぽさが全く減らないので、驚きます。

親になったら、年を取ったら、もっと大人になるのかなと思っていたのですが、全然変わりませんね。とはいえ、人から相談されることも増えたので、そこは年相応になったのかもしれません。

 

 

若いお母さんたちを見ると「すごい、若い、キレイ」と思い、びびります。そして、落ち込みます。

 

 

自分が、子供製造機になって、もはや、後進に道を譲る立場なのだな、みたいな感じ。

子供を産めば、人生の選択肢も確実に減る。やりたいこともできなくなる。

ネガティブな要素も多いのになぜ産みたかったのか。

それはなんとなく。いろいろ考えた上でのなんとなくなんですが、説明が難しい。

考えないから産める、という人もいて、ちょっと驚いたことがありますが、わたしは考えた上で、なんとなく産もうかなと思いました。複雑すぎてまとめるとなんとなくになる。

 

 

とはいえ、妊娠出産自体も思うようにいかないということで、胎児とはいえ、他人です。

生まれてからはもっと他人になる。

どんどん他人になっていって、まったく関係がなくなったときに、親離れ子離れができるのかと思うと、二十年後が楽しみです。

 

 

思うようにならないことから始まって、思うようにならないことで終わればいいなと思います。たぶん、少なくとも来週には産む予定です。それ以上になると、危険ですからね。

 

おなかは、時々張って、脂汗が出るほど痛いのですが、それも、陣痛ではないので、むだに痛くて損した!という気持ちになります。

早く赤ちゃんを連れ合いに会わせたいな。わたしはともかく、つれあいはいい人ですから、赤ちゃんにとって、いい家庭を築きたいです。