産褥期のワンオペ育児にシッターさんを呼んだ

acsa.jp

 

子供を育てるとき、困ったときに、使える情報が載っています。

 

 

産褥期の一人で行う育児の何が一番つらいかというと、大人と話せないこと。

一日背中を丸めて過ごすこと。背中が本当に痛くなった。

産後でまだ体がボロボロだから、頭も痛いし、傷も痛い。

赤ちゃんの世話をすると必然的に、前にまるまった姿勢になる。

それで、胃が圧迫されるから、食欲もなくなり、母乳の出が悪くなる。

そうすると、赤ちゃんの機嫌が悪くなる。

悪循環だ。

 

よく、イクメンが24時間ワンオペしました、って記事を出すけど、今なら、殺そうかと思うね。同じ土俵ではないから。

 

こんなこと思うの、完全に、言いがかりだって、自覚している。

実際、自分が産むまで、そういう記事も、ふんふん読んでいたもの。

 

でも、追い詰められていると「理解のある男性ありがたい」って思えなくなる。

どっちかというと「甘いよ、死ねよ」ってなる。

まあ、ひどい。

自分の人間性が悪くなっているのを感じて、自己嫌悪をして、だんだん泣きたくもなる。

 

産後の、切腹したり、体がボロボロだったりする状況からの、寝不足、産後の肥立ち、そのほかもろもろ、家事の動線の工夫も妻がやっている場合がほとんどだろうし、それにただのりしたうえでの「ワンオペ育児たいへんでした」は!笑っちゃうね。

すさむね。男の人からもメッセージ出してほしいと普段思っていたけど、使いやすいように組んだ台所やら、備品やらを一からそろえることもせずに、世話だけしていて、カウントされない家事も、してるんかいな!って思うね。

血を流せ!

こっちは血を流しているんだ!という、分断を叫びたくなる。

 

 

二時半から三時間、シッターさんが来てくれた。元保育士さんだそう。

「なんでもしますよ」と言われて、「なんでも…?イメージがわきません」といったら、家事もしますし、お医者さんへ行くことの同行もします、お母さんが困っていることを助けます、とのこと。

 

 

それで、しばらくちゃんとしたものを食べていなかったので、胃にやさしい、食べやすい食事を作ること、集中して眠りたい、赤ちゃんはかわいいけど、赤ちゃんから離れて三時間ぐっすり寝たい、ということを伝えた。

頼んだところのパンフレット見たら、ノロウイルス以外の病児も見てくれるのね。

ノロウイルスは、感染力が強いからだって。

インフルエンザも見てもらえるらしい。すごい…。

それに、事情によっては、行政から委託されている事業があって、生後一年までは、週二回、二時間ずつ、三か月分、行政からの補助で、シッターさんが来てくれるというサービスもあるらしい。

 

 

わたしは、寝た。

 

この日のために、ねむるん、快眠いびきグッズ、へそきゅう、小豆の力などを持っていたのだ……!

 

これらを駆使して、わたしは寝た。

 

一瞬で眠って、気が付いたら、五時だった。

それで、部屋から出て行って、シッターさんにお礼を言った。

赤ちゃんは、ずっと眠っていたとのこと。

 うちの赤ちゃんはお客さんが好きだからかなあ、と思ったけど、たぶん、わたしの精神状態が落ち着いたからだと思う。

「せめて、ミルク飲ませたかったんですけどねえ(→わたしの負担を減らすため)」とのことだったけど、とても機嫌よく過ごしてくれたようだ。

 

「どんなにぐっすり寝てくれていても、一人で見ていると、どこか緊張しながらなので、みていただいたおかげで、ぐっすり眠れました!」とお伝えした。

 

それから、一時間後に、パートナーが帰ってきた。

 

 

そうしたら、体が急に「がたがた」し始めた。

座ってられない、すごく気分が悪い、しんどい、骨が解けそうな感じになった。

震えが出るというとちょっと違うんだけど、脳が揺れている感じ。

気を張っていたからかなあ、一人の時は感じなかったんだけど。

 

産褥期に無理をすると二十年後たいへんなことになる、と聞かされていたので、ちょっとすでに鬱気味になっていたわたしは「これのせいで、二十年後、ひどいたいちょうになってしまうかもしれない!」とパニックになりかけた。

実際、今も怖い。腰もがたがただし、背中も痛い。

 

ツイッターで、このようなことを教えてもらった。

産後入院!産後ケア事業。そういうものがあったのか。

あることを知らないと、調べることもできない。だから、利用もできない。

本当に知識につながるために、人に相談する、愚痴る、というのは大切だな、と思った。それを聞いてもらえるのももちろんありがたい。

 

 

愚痴る、て、すごく嫌われている行為で、みんな「したらだめ」と思っているけど、絶対愚痴は言ったほうがいい。

愚痴らないと、困っていることが人に伝わらないから、助けてもらえない。

助けてもらえないと、みんなが不幸になる。

特に、密室育児は、本当に「普通に考えればわかること」がわからなくなり、どんどんどつぼに追い込まれていく怖さを感じた。

あれがずっと続いたら、と思うとぞっとするけれど、実際そういう人は多いんだろう。

シッターさんも、身内がいない人、転勤で来たから頼る人がいない人はとても多い、とおっしゃっていた。

 

acsa.jp

こういうものがあるらしい。

中小企業の事業主が、「申請」を出すと、労働者がシッターさんの割引を「一日当たり2200円」も支援してもらえるのだ。割引券の手数料は110円だそうだ。これは、事業主が払うのか……?ちょっとわからないけど、すっごい助かる。

シッターさんは家で子供を見るだけでなく、病院の付き添い、保育園のお迎えなど、本当にいろいろしていただける。

わたしも、ぜひ、今の会社に伝えようと思った。

 

 

一夜明けて、どんなにすっきりしたことか。

それにしても、記録を見ると、保健師さんが来る前までは、ずっと泣きとおしだったわが子は、人が出入りし始めてから、ほとんど泣かなくなった。

母親の精神状態に影響されるというのは、本当だった。

 

母親の肉体的、精神的状況をよくすることが、良い育児につながるんだ、と改めて感じた。

それには、個人の力ではどうにもならない、頼る場所が増えることが大切だと思った。

 

 

 

 

 

どうでもいい話!

わたしの快眠グッズの数々の紹介。

真剣に寝るときはこれらを駆使するのだ。

ちなみに寝るときは、ムアツだ。アトピーなので、埃が出ないことがありがたい。

腰にも優しい。赤ちゃんが添い寝しつつおねしょしたときにも洗える。

あと、めぐりずむをふくらはぎに貼ってみたんですよ、そしたら、なんとむくみがとれて、ふくらはぎが柔らかくなりました。

神。

 

 そういう使い方もありっすね。

めぐりズム 蒸気の温熱シート 16枚入

めぐりズム 蒸気の温熱シート 16枚入

 

 

ACELETE 快眠いびきグッズ 顎固定サポーター

ACELETE 快眠いびきグッズ 顎固定サポーター

 

 

 

 

 

ケンユー お湯の温度に近い温もりで腰の負担を解消 温太くん腰用ベルト ブラック

ケンユー お湯の温度に近い温もりで腰の負担を解消 温太くん腰用ベルト ブラック

 

 

 

レディウォーマー へそきゅう 1個入

レディウォーマー へそきゅう 1個入

 

 

 

あずきのチカラ 首肩用

あずきのチカラ 首肩用

 

 

 

あずきのチカラ目もと用

あずきのチカラ目もと用

 

 

 

 

ポイント3倍 9/7(木)1:59まで 【2,000円OFFクーポン】西川 ムアツ ベーシック シングル 90mm 90N シーツ付 ムアツ布団【西川 布団 ふとん 寝具 ムアツ シーツ 敷布団 敷き布団 整圧 ふとん 高反発マットレス ベッドマットレス ニュートン】

価格:24,800円
(2017/9/7 08:52時点)
感想(2898件)