赤ちゃん三か月目の疲労とメンタルの悪化

なんだか、眠れなくて、ベーグルを練っていました。

赤ちゃんは、すくすく育って、ゆびしゃぶりもできるし、起きたいときには伸びもするし、顔もこすります。

手をつないで遊ぶこともできるようになり、歌と一緒に足を動かしてあげると、にっこりしてくれることもあります。

声をあげて笑ってくれると、心が解けそうになります。

体は二倍、三倍と大きくなり、しっかりしました。

うつぶせにすることもできるようになりました。

うつぶせにすると、頭をあげて、誇らしそうな顔をします。

足を動かして、はいはいの練習もします。

 

夕方五時から、九時まで、寝ぐずりがひどいので、あらゆることを試します。

自作したメリーのモービルを動かす、オートスウィングのゆりかごに乗せる、寝かしつけようの音楽をかける、抱っこする、歌う、遊ぶ、体操する、なでる、とんとんする、足元に湯たんぽを入れる、添い寝をする、散歩をするなどです。

それでも、のけぞって暴れることもあります。

 

 

夕方は、おなかがすくらしく、日中は三時間おきのミルクですが、一時間おきに飲みます。

 

生後一か月半から、ミルクは180でしたが、今は母乳と合わせて120に落ち着きました。

母乳梨の時にも、180です。

何かで読んだところ、生後二か月が人生の中でもっとも成長するころらしいです。

 

表情は豊かになり、モノをつかんだり、よだれが出たり、こぶしをしゃぶったりと、成長目覚ましく、まぶしいような、さみしいような気持でいます。

 

鼻詰まりがひどいので、麺棒で撮っていましたが、加湿器を導入しました。

出費は痛かったですが、背に腹は代えられないです。

 

保育園に行って、ことに情緒面が成長しました。

わたしが微笑むと、にっこりと返してくれることも増えました。

そんなに急いで大きくならないでほしい気持ちもある一方で、できることが増える喜びもあります。

 

 

ときどき、母乳拒否をすることが、多少悩みですが、ミルクはたくさん飲むので、大きくなりさえすればオッケーと割り切ることにしています。

正直なところ、ショックはショックですが、おなかがすきすぎていない時には、飲んでくれることもあります。

結局、母乳かミルクかというのは、母親の満足にすぎないというのがわたしの考えなので、大きく、健康に育ってくれたら、どちらでもいいです。

 

とはいえ、わたしの持病である双極性障害が悪さをして、今はそう状態なので、眠れません。

親に会わせないなんてかわいそう、と友達に言われたことがきっかけで、パニックになり、そのまま、睡眠障害が悪化してしまいました。

体のこわばりをほぐすために、ストレッチをしていますが、難しいです。

メンタルの悪化に伴い、自分が嫌になって、崩れたフェイスラインや、体が、脅迫的に気になって、風邪をひいているというのに、過酷な筋トレをしてしまいます。

それなのに、おなかがすいて、おやつをやめることもできません。

赤ちゃんはかわいいのに、自己嫌悪で死にたくなります。

でも、死にません。赤ちゃんがいるから。

 

 

出産直前は、育てられるか心配でしたが、今は、赤ちゃんがいない生活は考えられません。

しかし、保育園が休みの日には、アトピーも、メンタルも悪化するので、さみしくはありますが、預けることが正解のようです。